【スポットクーラーと冷風機(冷風扇)のメリットデメリット比較】

こんにちは。

今年の夏も猛暑予報が出ています。
9月も残暑が続く予報です。

こんな猛暑の中でエアコンが使えない場所や突然のエアコンの故障、
そんな時に
大活躍するのが
「スポットクーラー」「冷風機(冷風扇)」です。
この2つの違いとは。どんなメリット・デメリットがあるのかなどを比較してみました。

そもそもスポットクーラー、冷風機(冷風扇)ってどんなもの

「スポットクーラー」「冷風機(冷風扇)」を知る前に、
エアコンってどんな仕組みだったかを確認してみます。

エアコンは室内の空気の熱を吸い込んでそれを熱交換機で冷たい空気に変換して、
部屋を涼しくしています。

室内機を部屋の中に室外機を屋外に出してパイプで繋いでいる構造になっています。
熱交換機で変換をした際に出た排熱や水分はパイプを通して室外機から外に出ています。
室外機の前を通ると熱い熱風がでていて、水も排水されているのが確認ができます。

スポットクーラーの仕組みについて

スポットクーラーエアコンと同じ仕組みで、
熱交換機がついていて熱い空気を取り込んで冷たい風を出してくれます。
スポットクーラーは別名スポットエアコンとも言われています。

開放空間でクーラーの風を冷やしたい人や場所に当てて
直接冷やすことができるものです。

エアコンと違う点は、室内機と室外機が一体になっている所です。
一体型になっているので、工事の必要が無く好きな場所で利用できます。

 

冷風機(冷風扇)の仕組みについて

冷風機(冷風扇)は水が蒸発する時の気化熱を利用して冷たい風を作り出す冷却装置です。

扇風機は回転する羽根によって風を発生させて涼感を得るような機械ですが、
冷風機(冷風扇)は機械に水を入れて冷風機(冷風扇)に、
吸い込まれた温かい空気が冷却エレメントを通過する際に、
気化熱として温度を奪われて涼風が送り出される仕組みになっています。

エアコンほど冷たい風は出ませんが、部屋全体の温度を少し下げる効果があります。

電気料金もそんなにかからないので環境にも優しく、涼やかな風が出てくるので体にも優しい。
そんな環境にも体にも優しいそれが冷風機(冷風扇)です。

 

比較してみました

レンタルで人気の
<100V>スポットクーラー単相自動首振り(排熱ダクト付)【ひんやり君】
業務用冷風扇(機)【すずかぜ君】この2機種で比較してみました。

商品名

<100V>スポットクーラー
単相自動首振り
(排熱ダクト付)
【ひんやり君】

業務用冷風扇(機)【すずかぜ君】

商品画像
1時間の電気代

約27.1円

約5.7円
騒音値 強 約68db    弱 約65db 約55db
温度 外気温35℃時、約21℃(目安) 使用する空間全体の温度を5℃ほど下げる
効果があります。
湿度 除湿効果あり 除湿効果なし
使用範囲目安

10~14㎡

20~40㎡

※電源周波数60Hzの数値を記載

 

電気料金の比較

冷風機(冷風扇)の方が圧倒的に安いです。さすが地球環境に優しい商品です。
1日8時間使用で計算してみると45.6にです。

スポットクーラー18時間使用で計算してみると216.8です。
比較すると高く感じますが、エアコンのような仕組みでコンプレッサーを使用しているので
電気料金も冷風機より高くなっています。

 

騒音値の比較

次は騒音値をみてみます。音の問題も大事なところなので比較してみましょう。
冷風機(冷風扇)の方が音が小さいです。

55dbってどのくらいの音でしょう。

50dbが劇場、映画館の観客のざわめきくらいの音
60dbがレストラン、ホテルのロビー、都市周辺住宅地の音になっています。

冷風扇(機)【すずかぜ君】55dbなのでちょうど中間くらいの音ですね。
騒音の目安表で確認をすると楽に会話が出来るレベルです。

スポットクーラー68db65dbです。

60dbがレストラン、ホテルのロビー、都市周辺住宅地の音
70dbが劇場、百貨店、銀行のロビーの音になっていますので、

スポットクーラー【ひんやり君】強、弱とも中間くらいの音です。
機械の近くでは会話に少し大きな声が必要になるようです。

温度の比較

肝心の温度について見ていきましょう。
スポットクーラーはエアコンと同じ仕組みなので、
けっこう冷たい風が出てきます。

涼しさはスポットクーラーの方がいいようです。

ただし排熱を排出する仕組みになっていますので、
野外なら気になりませんが倉庫など建物で使用する場合は、
延長排熱ダクトなどを使用して排熱を外に出す必要が出てきます。

冷風機はスポットクーラーほどの冷たい風はでませんが、
使用する空間全体の温度を5℃ほど下げる
効果があります。

湿度の比較

じめじめした夏に気になる湿度について確認します。
冷風機は除湿効果はありません。締め切った部屋で利用すると湿度が一層高くなります。

スポットクーラーはエアコンと同じ仕組みなので除湿効果もあります。
ドレンタンク(水の貯まるタンク)に水が貯まるので、
別注の排水用ドレンホースをつないで外に出して使うと、
排水のわずらわしさがなく使用できます。

使用範囲の比較

使用範囲はどのくらいなのかの目安も見てみます。
冷風機の使用範囲1台で20~40㎡の目安となっています。
業務用冷風扇(機)【すずかぜ君】コンパクト&ハイパワーで遠くまで風を運びます。

スポットクーラーの使用範囲は1台で10~14㎡の目安です。
<100V>スポットクーラー単相自動首振り(排熱ダクト付)【ひんやり君】の冷房能力は2.2kWです。
家庭用エアコンの6畳~8畳用くらいの能力がありますので、
同等の範囲となりますが室外機が一体になっている構造上あくまでも目安として考える必要があります。

 

どんな使い方ができる

【スポットクーラー基本の使い方】

※レンタルで人気の
100V>スポットクーラー単相自動首振り(排熱ダクト付)【ひんやり君】 で検証

倉庫内で

倉庫での作業の場合、シャッターを開けた状態ではエアコンを設置しても、
外に冷たい風が逃げてしまうので意味がないです。

そんな時も、倉庫内の作業している人を冷やすことの出来るスポットクーラーなら
作業中の人が涼しい中で作業ができます。

スポットクーラーは局所的にクーラーと同じような冷たい風で冷やすことができます。

ただ、排熱ダクトから熱い空気が排熱されるので部屋の温度を上げたくない場合は、
追加で延長排熱ダクト3m(伸縮タイプ)を使用すると部屋の温度を上げずにより快適にすることができます。

 

作業場で

作業場でもドアや窓などを開けた状態で使用する場合が多いです。
エアコンを付けたくても開放空間で諦めていた。
そんな時もスポットクーラーを利用すると作業中の人を直接冷やすことができます。

ただし、作業場でスポットクーラーを使用する場合、
物が多いので大型の業務用クーラーは邪魔になるからと悩む方もいます。

壁面設置が可能なので壁際に機械を置いて使用もできます。
遠い場所の人や物を冷やしたい場合は、延長冷風ダクト3m(伸縮タイプ)を使用すると、
遠くの人や物に冷たい風を送ることができます。

 

屋外イベントで

スポットクーラーは、電源の確保ができれば屋外イベントを行う山の中でも利用できます。

イベントでお店を出店する場合、調理をする食べ物販売など、
商品によっては外なのに灼熱地獄のような作業になる場合もあります。

そんな時、作業をしている人をスポットクーラーで冷やせれば快適に作業が進みます。
テナントブースは狭いので休憩の時に涼しい風で涼みたい、
そんな場合は休憩スペースにスポットクーラーを設置しておいて、
快適に休憩場所を冷やすこともできます。

 

建設現場で

暑い夏の建設現場では、沢山の水分を補給しながらも、
休憩中には涼しい風で体を冷やす事も大切な熱中症対策になります。

休憩場所のテントなどにスポットクーラーを設置すれば、
外なのにクーラーのような冷たい風にあたることが可能になります。

首振り機能もあるので、数人同時の休憩でも快適に過ごせます。
人数が多い場合は数台設置するとより快適です。

屋外のテントで
スポットクーラーを使用したいそんな場合、
排熱も気にならないのでそのまま使用できます。

しかし横幕などでテントを覆って部屋のような状態で冷やしたい、
そんな場合は延長排熱ダクトや延長冷風ダクトを上手に利用して使用すると快適です。

 

体育館で

暑い夏の時期の体育館では熱中症対策を考えての利用が必要になります。

換気をしながら暑さ対策を考えた場合、休憩時などにスポットクーラーを利用すると、
冷たい風を人や場所にあてることができます。

キャスターがついているので、体育館の中で簡単に移動をすることができます。

 

冷風機(冷風扇)基本の使い方】

※レンタルで人気の
業務用冷風扇(機)【すずかぜ君】で検証

 

作業場で

入口シャッターを開けた状態の作業場でエアコンを使用できない。
少しでも部屋の中の温度を下げたい時に、
使用する空間全体の温度を5~8度ほど下げる効果があります。
※湿度があがりますので閉鎖した空間での使用には向いていません

 

学校の教室で

新型コロナ対策で30分ごとに窓を開けて空気の入れ替えが
必要になるのでエアコンが使用できない、

そんな場合、教室の窓とドアを開けて空気が通るようにすると、
涼風を通して部屋の温度を5~8度ほど下げることができます。

※風向きに注意して設置をするとより効果的です。

 

体育館で

体育館のような広い空間では設置費用・維持費などを考えると、
エアコンの設置は難しい場合も多いです。

冷風機を利用すると全体の温度を少し下げて涼しい風を送ることができます。
体育館の広さを考えて数台設置したり、スポットクーラーと併用するとより効果的です。

利用する際は向かい合ったドアを開け風向きを考えて設置をすると、
より効果的に体育館の温度を少し下げる事ができます。

 

それぞれのメリットデメリット

 

【スポットクーラーのメリット】

 

面倒な設置作業がいらない

スポットクーラーの最大のメリットは、
エアコンのように設置作業がいらないことです。

<100V>スポットクーラー単相自動首振り(排熱ダクト付)【ひんやり君】 は、
電源コードを差し込むだけで好きな場所で使えます。

 

湿度を下げる

スポットクーラーはエアコンと同じ仕組みです。
余分な熱や水分を排出し部屋の湿度を下げる効果があります。

 

キャスター付きで移動が簡単

<100V>スポットクーラー単相自動首振り(排熱ダクト付)【ひんやり君】 は、
キャスター付きで移動が簡単です。

※重さは40kgありますので段差のある場所での移動は気をつけて下さい。

 

 

目的の場所や人だけを冷やせる

倉庫・作業場・野外など開放空間はエアコンを取り付けても
全体を冷やすことは出来ません。

スポットクーラーなら目的の場所や人を冷やせるのでとても便利です。

 

 

【スポットクーラーのデメリット】

 

排熱の処理を考える必要がある

エアコンと同じように冷たい風がでます。

しかしエアコンの室外機も一緒になっている。
そんな構造ですので排熱ダクトから熱を排出します。

排熱の熱い空気で狭い場所や密閉空間で使用すると部屋の温度が上がります。

 

排水処理が必要

スポットクーラーは室内の空気を吸い込んで、
冷たい風を出す際に排熱と排水が行われる仕組みになっています。

そのため排水タンクに水が溜まり定期的に処理をする必要があります。

 

 

音が気になる

スポットクーラーはエアコンと違い室外機が一体になっている商品です。
静かな場所では音が気になる場合があります。

商品によって音の大きさも異なりますので確認が必要です。

 

【冷風機(冷風扇)のメリット】

 

節電・省エネ対策

水と電気だけを使用して冷やすそんな単純な仕組みなので、
スポットクーラーに比べて電気代が圧倒的に安いので節電・省エネになります。

 

環境に優しい

温かい空気を冷却して気化熱として温度をさげて涼風になって送り出されるので、
打ち水と同じような効果があります。

コンプレッサーを使用しないため排熱がでないので環境にも優しいです。

 

優しい涼風で快適

打ち水と同じような原理で涼しい風がでますので、
窓を開けた空間で温度を少し下げたい時に最適です

またエアコンの苦手な方にも優しい涼風が好評です。

 

面倒な設置作業がいらない

エアコンのように面倒な設置作業がいらないことです。
電源コードを差し込むだけで好きな場所で使えます。

 

キャスター付きで移動が簡単

気化式大型冷風扇(機):50L【すずかぜ君】はキャスター付きです。
好きな場所に移動をして使う事ができるのでとても便利です。

 

【冷風機(冷風扇)のデメリット】

 

閉鎖空間では湿度が上がる

締め切った部屋での使用は向いていません。

水が気化する性質を利用して使用する空間全体の温度を下げる効果がありますが、
締め切った部屋で利用をすると湿度があがります。

 

給水の必要がある

機械に水を入れて使用しますので給水をする必要があります。
気化式大型冷風扇(機):50L【すずかぜ君】は本体の給水口から(満水時50L)注ぎ入れます。

結 論

 

局所的ならスポット、空間全体の温度を少し下げるなら冷風機(冷風扇)

スポットクーラー冷風機(冷風扇)いろいろと調べてきてそれぞれの特徴がわかりました。
場所や目的によって選択をすれば活躍してくれそうです。

局所的にエアコン並みの涼しい風が欲しい場合はスポットクーラー、
使用空間の全体温度を少し下げたい場合は冷風機(冷風扇)がおすすめです。

それぞれのデメリットもありますが、
その弱点を補う方法も追加の備品なども使用して考えてみると、
より快適に使用することができます。

ぜひ、それぞれの特徴を考えて今まで諦めていた場所を快適な空間にするために、
今年の夏の導入を検討をしてみてください。

スポットクーラーと冷風機(冷風扇)は、暑い夏の間だけ使用する季節商品です。
使用しない時の保管場所や故障してしまった時の対応なども考えて、
購入するよりレンタルがおすすめです。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

上州物産笑顔をつなぐレンタル 上州物産

集合写真

スポットクーラー 冷風機・ミスト扇風機レンタル専門店運営 上州物産スタッフ一同