注意!電気餅つき機は連続運転出来ない機種もあるのです

連続運転出来る電気餅つき機
連続運転出来る電気餅つき機

こんにちは 上州物産の木村です(*^_^*)
 
 
明日は私の誕生日です~ 年を取るのは嫌ですが、誕生日は嬉しいですね。
先ほど代表より誕生日プレゼントのお手紙+αを頂きました。
・・・もちろん、私だけ特別貰っている訳ではありません(^_^;)
毎年、スタッフ全員の誕生日にお手紙+αをプレゼントしてくれるのです。
お手紙の内容は、良く見てるな~と思うことが多くて嬉しいような怖いような 笑
 
+αは、それぞれ好きなことに使えるようにキャッシュを頂きます。笑
使い道は人それぞれですが、「毎年、自分のためにお花を買うのよ」
な~んて素敵な人もいます❤
私は、娘とランチに行きたいですが・・・最近、相手にしてもらえません。笑
そんな訳で、もう一人の娘(ワンコ)のトリミングに使わせてもらいます♪
 

 
さて、本日は餅つき機をお使いになろうとしている人にお話したします(^^)
 
 
高齢化が進んでいる自治会や、逆に餅つき経験の無い人しかいない会社などでは、
餅つき行事の際に餅つき機を併用するケースが多いようです。
確かに、餅つきは何かと大変ですし便利なアイテムを使って気軽にやったほうが
皆が楽しめますよね。
(餅つきは、蒸しあがった餅米を潰す作業が結構大変ですからね)
 
 
そこで、餅つき機を使うための注意として“連続運転できるか出来ないか” が
重要になります。
 
 
電気餅つき機の中には、連続運転が出来ない機種もあるようです・・・(;_;)
弊社取扱機種の餅つき機メーカーさんに確認したところ、一般的な連続運転機能がついて
いない機種場合は、一時間ほどモーターを冷ましてから使用する必要があるとのことでした。
ちなみに、弊社の電気餅つき機は連続運転可能なのでご安心下さいね❤(^^)
 
 
また、通常の電気餅つき機の場合
●【「つく」コースのみを連続して使わない】
●【「蒸す」→「つく」→「蒸す」 →「つく」と交互にご使用ください】
↑ 上記のような表記がありますが・・・「つく」だけ連続したい人は困ります(>_<)   弊社の餅つき機は「つく」 →「つく」→「つく」→「つく」と「つく」だけの連続運転が4、5回可能です。
セイロで蒸した餅米を餅つき機で「つく」を連続運転したい人には嬉しいですね(*^_^*)
 

 
お餅は美味しいので、一年中食べたい人も多いですよね~
関西出身の竹田さんに「大阪ではお鍋に餅を入れるんですよ」と、教えてもらいました。
「溶けちゃうんじゃない?」と質問したら
「見張ってるんです (^^)v」と・・・❤
うん。やっぱり癒される~ 今度やってみよっと!!笑
 

それでは、また次回まで(^_^)/~

集合写真